粟井英朗環境財団|活動状況について

HOME > 活動状況について

活動状況について

第2回木工体験教室を実施しました!

2月16日(土)、第2回木工体験教室を財団事務所2階にて実施しました!

今回は、お子様4名、2組のご家族に資箱作りに挑戦をしていただきました。

 

DSCN5497 DSCN5501 DSCN5500 DSCN5506

 

予め準備されたキットにネジ停めをして完成させます。

富士山麓は沢山の野鳥が生息する場所です。

野鳥の棲み処として利用してもらえると嬉しいですね。

 

次回は3月16日(土)にマガジンラック作りを実施します!

また空がございますので、お申込みお待ちしております。

 

木工教室チラシ

第4回地域交流カフェを実施しました!

2月13日(水)、第4回地域交流カフェを財団事務所2階にて実施しました!

今回は公益財団法人富士五湖青年会議所様より「ふじごこ笑顔の未来へ結婚プロジェクト」について発表をしていただきました。

DSCN5485

 

DSCN5489

 

「結婚」という身近なテーマということもあり、後半のフリートークでは、それぞれの身近な事例や体験など、活発な意見を交換することができました。

DSCN5493

地域課題に真摯に取組まれている、富士五湖青年会議所様に敬意と感謝を申し上げ、会を終了いたしました。

次回は3月12日(火)に開催いたします。ご参加お待ちしております。

第1回水資源講座を実施しました!

富士山麓を中心とした水資源を守るために必要な知識習得を目的として、粟井財団では水資源講座を毎年実施しております。

今年度は、肥料や農薬の地下水への影響を少しでも軽減することを目的とし、農業技術講座を企画しました。

講師は、山梨県総合農業技術センター環境部の長坂克彦部長をお招きし、約2時間の講義を受けました。

 

減化学肥料栽培のポイントとして3つあげられます。①有機質の成分を有効に使う②肥料の効率を上げる③土壌に残存している肥料成分を使う。

この3つのポイントを丁寧にご説明していただきました。

特に、堆肥や有機質肥料の使い方、緑肥の活用、マルチを有効に使う、点が大変に参考になりました。

参加者からも「講師の先生が丁寧に一生懸命教えてくれたので、よく理解できた」「分かりやすくとても勉強になった」との声があがりました。

 

次回は2月20日13:00 よりはす池体験工房にて「減農薬栽培技術」について学びます。

ご参加お待ちしております!

 

DSCN5484

 

富士山水資源講座チラシ

第1回木工体験教室を実施しました!

当財団では、木材の活用促進を目的とした木工体験教室を毎年実施しています。

1月19日(土)10:00より、財団事務所2階にて本箱作りを行いました。

今回は3家族、お子様計6名にご参加いただきました。

 

それぞれのパーツをネジ止めし、組み立てていきます。

パーツの接着が少しずれると、後の作業が行き詰まるという、なかなかに綿密な作業が求められました。

家族で協力をして、最後には、目標どおりに作成することが出来ました!

大切に使っていただければとても嬉しいです。

 

DSCN5460

 

DSCN5465

第3回地域交流カフェを実施しました!

1月17日(木)、第3回目となる交流カフェを財団事務所2階にて実施しました!

今回の発表者は、山中湖観光協会の松山美恵氏で、SGDs(持続可能な開発目標)についての概要についてお話いただきました。!

 

DSCN5447

 

SDGsは国連が定めた指標で、2030年までに加盟国が取り組むべき課題です。

17の目標と、169項目の達成基準が定められています。

今、企業でもSDGsに準じて目標を定める取り組みが大きく広がってきております。

ちなみに直近の達成状況ですと、日本の場合「教育」「経済成長・インフラ整備」は達成状況が高く、「ジェンダー平等」「持続可能な消費」「気候変動」「生態保護」「グローバルパートナーシップ」などは低い達成状況だそうです。

松山氏の発表を受け、後半のフリートークでは、「楽しく取り組んでいけること」「身近な社会問題」など話し合いをしました。「フードロス問題」「オーバーツーリズム」などの問題について活発な意見が出ました。

 

あっという間に2時間が過ぎ、会を終了としました。

次回は2月13日(水)14:00より実施いたします。

ご参加お待ちしております!

pagetop