粟井英朗環境財団|粟井英朗環境財団とは

HOME > 粟井英朗環境財団とは

粟井英朗環境財団とは

 

設立趣旨

当財団は、持続可能な社会の実現を目指すために、環境保全及び水資源保全を行い、なおかつ、地域に密着して経済発展にも貢献いたします。
具体的には、自ら環境保全活動を実施すると共に、環境保全活動を実施するグループへの公募助成及び支援を行います。また、環境保全に関する教育啓発を広く行い、当財団の事業活動を通じて、関連団体の活動を含む事業全てが、グリーン経済の実践を行うことを目指します。

 

理事長のご挨拶
理事長 松浦 正

粟井英朗環境財団は、持続可能な社会の実現を目指すため、環境保全及び水資源保全を行うとともに、地域に密着して経済発展に貢献することを目的に、2012年4月に発足いたしました。2013年4月には公益財団法人の認定もお受けすることができました。
当財団は富士山の北麓、山梨県富士吉田市に本拠を構え、豊かな自然環境と、森が育む水資源を後世にも豊かなままに引き継ぐことができるよう、自ら森林整備活動をはじめとする環境保全事業を積極的に行ってまいります。また、環境保全活動に取り組む諸団体の皆様への助成事業や、環境保全の普及啓発・育成活動などにも取り組んでまいります。
環境保全活動に関わる一員として、誠意をもって諸事業に取り組んでまいる所存でございます。今後ともより一層のご指導ご鞭撻、お力添えを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

粟井英朗環境財団とは
設立趣旨
活動状況について
粟井英朗環境財団 facebook
pagetop