粟井英朗環境財団|水田清掃活動【12月18日】を実施しました [ 新着情報 ]

HOME > 新着情報 > 水田清掃活動【12月18日】を実施しました

新着情報

水田清掃活動【12月18日】を実施しました

2020.12.18

当財団では、地下水を育む農地の保全活動の一環として、農業体験会の開催や農産物の仕入れ販売を行っております。

そうした財団の農地保全活動に対し、日頃より多大なるご協力をいただいている米生産者、堀内治氏が栽培した米「たきたて」が、去る11月28日に行われた「第22回米・食味分析鑑定コンクール国際総合部門審査」にて金賞を受賞しましたので、その記念として、生産地である富士吉田市城山東農振地域での清掃活動を12月18日、19日の2日間企画をしました。

 

DSC_7439

 

12月18日当日は、風もなく穏やかな陽気に恵まれ、新型コロナ感染防止対策を万全に、5名の参加者とともに清掃活動を実施いたしました。

 

DSC_7442DSC_7446

 

約1時間の清掃活動終了後、生産者の堀内治氏より当該地域での米生産の状況や、美味しさの秘訣について伺いました。

美味しいお米が作れる理由として、富士山の伏流水による栽培と、夏場の昼夜の寒暖差が大きいこと、と語る堀内氏。

堀内氏は、今回受賞した米を、市内小中学校の給食へ食材提供をしたり、市内出身の大学生への宅配提供をするなど、若者の地元愛醸成に積極的に取り組んでおられます。

 

DSC_7456

DSC_7461DSC_7463

 

今回の清掃活動参加の記念品として、今回受賞したお米を準備しました。

どうぞ、その美味しさを噛みしめてください。

 

DSC_7458DSC_7466

 

今回の清掃活動では、約300ℓのゴミを拾い、水田美化に貢献できたと思われます。

 

DSC_7467

 

 

明日19日は、6名の参加者と清掃活動を行う予定です。

寒さとコロナ対策を万全に準備をしてまいります。

新着情報一覧に戻る
pagetop