粟井英朗環境財団|星空観察会を開催しました! [ 新着情報 ]

HOME > 新着情報 > 星空観察会を開催しました!

新着情報

星空観察会を開催しました!

2017.11.26

11月25日(土)、先月開催予定でありながら台風の為延期になっていた星空観察会「星空ウォッチングinふじよしだ」が、明見湖公園にて開催されました!

今回の企画は、昨年富士吉田市が世界空気環境学会より、空気が綺麗な都市の認定を日本で初めて受けたことから立てられましました。

空気が綺麗であれば、星も綺麗に見えるはず。その素晴らしい条件を生かした企画を株式会社合力様に依頼し、明見湖公園の指定管理者であるNPO法人母さんの楽校の皆様や、星のソムリエの資格を持つ前田悟郎様、望遠鏡メーカの株式会社ビクセン様のご協力いただき実現に至りました。

 

DSC_0031

 

迎えた当日、まずは、講師の近藤ひろみ氏より星や惑星のお話を聞いた後、レクチャーを受けながら各人、星座早見盤の作成を行いました。

 

DSC_0033 DSC_0038 DSC_0039

 

完成した早見盤を持って、日が暮れた屋外へ。

講師の方が、地球と月の模型を使って、それぞれの大きさや距離間について説明をしてくださりました。

近くにあるように見える月も、地球との距離は思っていた以上に離れていること知ることが出来ました。

 

DSC_0048 DSC_0052

続いては、お待ちかね、望遠鏡を覗いて月を観察。

拡大された月にはハッキリとクレーターが見えて皆さん「わー、すごい」と驚きの声。

 

DSC_0058

続いて、星座早見盤を手にしながら夜空を見上げました。夏の大三角形を形作る、白鳥座のデネブやこと座のベガなどを観察することが出来ました。

 

DSC_0063

 

小一時間、屋外での観察を終え、室内にてまとめを行いました。

母さんの楽校の皆さんが準備してくださった、「おつけだんご」とサツマイモ入りのお汁粉を食べながら、星空に関連する環境問題について講師の方と一緒に考えました。

 

DSC_0068

 

最後の感想シェアでは参加者から「月のクレーターがはっきり見えて驚いた」「鳥が北極星を見て飛ぶ方向を決めているなんてすごい」などの感想が聞かれました。

環境が良いからこそ綺麗に見える星空。

星空観察を通じて学べることは沢山あります。今後も良い企画を作ってまいりますので、是非楽しみにしていてください!

 

 

新着情報一覧に戻る
pagetop